悪質なオンラインカジノ、ポーカー、ブックメーカーの見極め方、

オンラインカジノへの道
オンラインカジノ arrow オンラインカジノ詳細 arrow オンラインカジノ基礎知識 arrow 悪質なオンラインカジノ

関連項目

PALPINUM PLAY オンラインカジノ

● 危険なカジノ、ポーカー、ブックメーカーの見分け方、

皆さんがオンラインカジノのウエッブを見た時に、そのオンラインカジノが果たして信用出来るのかどうかの、
大体の指針を書いておきます。ファーストインプレッションで大体判断出来る物ですが、信用出来ないサイトは大概今迄の実績有るオンラインカジノの模倣に走っている事が多いので、一別しただけでは解り難い場合が多く有ります。
研究熱心な方は、色々なオンラインカジノに独自で挑戦されると思いますので参考にして下さい。
ただ従来から実績が有るオンラインカジノは、その限りでは有りません。あくまで指針です。

1、ボーナス額が大きいのに、ゲームコンディションが甘い ・・ または、不明確で有る。
2、ダウンロードした、オンラインゲームソフトのレスポンスが悪い ・・ または、現行のバージョンよりも古い。
3、監査・承認機関の加盟表示バーナーの表示がウェブサイトに無い!有ってもその表示にリンクが無い!
4、 何処何処の国のライセンスを得ていますと誇大に書いて有るオンラインカジノ  ・・  ライセンス営業は当然です。
5、ホームページのデザインが素人ポイ ・・ または、表示されない部分が有る!
6、カジノサポートからの連絡が遅い ( 24 時間以内に問い合わせの返事が無い ) チャットサポート機能が無い!
7、有名なオンラインカジノに名前が似ている!
8、~ 賞の記述が有るが、証明するバナー表示が無い! 有っても、見た事も無いバーナー表示!
9、ドメインが ~ casino.com、euro、uk で無く、~-casino-online.com の様に長い、または、~casino.jp の様なサイト ← コピーカジノ
10、日本人専用と謳っている、オンラインカジノ!日本人専用にするメリットとは?馬鹿げてます。
    基本ユーザーは英語圏 ∴ 海外での競争力が無い事の証明です。英語サイトを作り、日本語化すれば良いだけです。

上記の要件を複数満たしている、オンラインカジノは特に要注意!

夜逃げしました ⇒ ココカジノ

海外での日本人の評判で、日本人は騙し易いし、お人好しと言う相場が有るのを忘れては成りません!
また、出来たばかりのオンラインカジは優良サイト、悪質予備軍サイトでも数ヶ月は信用を高める為に、殆ど大差のない営業をし、きちんと支払いを行う事が有りますが、評判を高めてからごっそり抜くと言う、最悪のシナリオを描いている事が殆どです。良く有る詐欺の手口ですから手を出さないのが無難です。
ただし、優良オンラインカジノ経営グループの新規ランチサイトは、その限りでは有りません。
独立系と思われるものは特に注意して下さい。

海外のギャンブル関係、オンラインカジノ関係の有名ポータルサイトにも、悪質オンラインカジノは良く紛れ込んでいます。残念ながら、私も何回か引っ掛かりましたし、遊んでいる内に、これはまずいと思うものも多数有りました。

既に過去の遺物の調停機関例、
OPA Online Players Association 既に殆ど権威は有りませんし数年前からただのオンラインギャンブルポータルでしか有りません、
上記のような既に何ら影響力を持たなくなった組織に加盟していると吹聴するようなカジノや未だにバーナーを掲載しているオンラインカジノ等のゲーミングサイトでは、遊ぶ事を避けるべきです。

海外の有名ポータルにも掲載されていますが。不払い頻発、・・危険度大 ↓↓
Windows CasinoGolden Palace Casino

日本人をターゲットとした、危険なオンラインギャンブルサイトを抱えているライセンス発行元
First Cagayan ( フィリピン カガヤン州政府 ) ・・ ココカジノ - 多分、日本のユーザーに最大の被害を被らせた詐欺スポーツブック ( Jbet もココカジノの残党が運営していた。 ) の被害ユーザー救済を一切行いませんでしたし、内容がココカジノとほぼ同じで有る事が明白なのに Jbet を認可した事も調査能力、責任感の欠如を疑わざるを得ません、そして Jbet も夜逃げ同然で閉鎖、
また、2005年9月 ココカジノのライセンス更新を認めない決定を下したにも拘わらず、この情報を公開したのは 12月で、その間に被害者が急増しました。要は、無認可営業を容認したという事です。実際の所、オンラインギャンブルライセンス発行元としてあるまじき行為です。
ライセンス発行元と言うより、形式は企業提携に近い存在です。
推奨される、オンラインギャンブルライセンス発行元

プレイテック、リアルタイムゲーミングのゲームソフトウェアを使用しているオンラインカジノは、玉石混合ですので注意を払う必要が有ります。
マイクロゲーミング、NETENT、Wager Works のゲームソフトウェアを使用しているオンラインカジノでは、それほど問題が起きないと考えても良いと思います。
注意を払うべきは、何処のゲーミングライセンスを取得して営業しているかと言う事が非常に重要です。

高評価のライセンスは、後述の通り。
その他のゲーミングライセンスを取得して営業しているゲーミングサイトは、怪しいと思って間違い有りません。
ゲーミングライセンス gambling commission イギリス(United Kingdom = the Gambling Commission)、 ゲーミングライセンス ジブラルタル ジブラルタル(Gibraltar)、 ゲーミングライセンス マルタ マルタ(Malta)、 ゲーミングライセンス オルダニー オルダニー島(Alderney)、 ゲーミングライセンス マン島 マン島(Isle of Man)、 ゲーミングライセンス アンティグア アンティグア(Antigua & Barbuda)、
ゲーミングライセンス Curacao Netherland Antilles (Curacao)、Canada (Kahnawake) が高評価なライセンス発行元。最低ラインとして Kahnawake 取得が必須です。
* コスタリカライセンスも可、但し大手のみ - 細心の注意をする事、Kahnawake も同様です。

最終更新日 ( 2012/02/16 木曜日 00:20:11 CST )